Archive

Uncategorized

「社会人」に成り立ての10年前に書いた文章達があまりにも原点回帰をするには丁度良くて、こういう時間の重ね方は歳を取ることの楽しさだと思う。

分かること、分からないこと、その線の引き方はより意図的に、この10年で許容や理解を示せる範囲は大分広がった。その反面、そうじゃ無い事への理解は、「おすすめ」ばかりがプッシュアップされる環境では、なかなか磨き上げるのは難しい部分もある。

当時使ったムービーとは違うけど、今この自分が線を引かざるを得ないそれを最後引用してこのポストを更新してみる。このリンクを貼ることが、もはやこの文脈でコンテクストされていることは読んだ人しか分からないまま。

ひとくせもふたくせもある方が世を変えられるものだ。

——————————————————————————————————————

君はひとくせ

http://d.hatena.ne.jp/GAS22athr/20080218

人間分かろうとも思えば何でも分かるんじゃないかと、分からないものを前にした時に生じる自分の頭の中の違和感が、徐々に無くなって分かれていって何とも言えない快感に包み込まれる時に、良く思います。

「分かる」という言葉の語源が「分ける」だったり、言葉というのを考える時に最初の方にぶつかるのが「分節化」というキーワードだったり、近代科学の根本にある思想の一つが「細分化」だったという

ことを知ると、余計にその思いがかき立てられるのです。

要するに、分かる/分からないとは、人それぞれが持つ、物事それぞれに対する意思の問題ではないか、と。

つまり、両手を上げて眉をひそめて「僕にはお手上げさ」と言って肩をすくめるのは、「もう分けるのが面倒なのさ」という意思表示なのではないか、と。

さらに言うと、「あなたは何を考えているか分からないわ」と言うのは、「あなたをもっと分けてみたいの」という、一種のアンビバレンツな感情の表れなのではないか、と。

そして23にもなって、寿司に巻くのりが裏表に分かれていたことを知って思わず年甲斐も無くはにかんで誤魔化そうとしてしまったのは、その「のり」という存在に対する今までの自分の意思が、あまりにも怠慢で軽薄だったからではなかったか、と。

今まで何かこう、理解の隙みたいなものを与えてくれるような絵や本や映画に音楽、スポーツや街や人間に魅かれてきて、恐らくこれからも一生、それは続くんだと思います。

ただ前回の話とは違って、その理解への意思がどうしても及ばないし、もうどうでもいいからそんなもの放棄したくなるようなモノやコトが、残念ながら自分には存在するということも、最後に言っておかなければなりません。

そんな中の一つを紹介しながら、今回は終わりにしたいと思います。チャオ。

 

 

Advertisements

未練。

4日間のうち2日を過ごして2日を残して、Shotwell Streetの仲間達に連れられて、この街にそんな未練がましいことすら感じ始める。

それは肌の色や言葉や所得など、あらゆる人を許容する街の懐の深さというそれだけの力と、その深さが持つ陰と陽の部分の、その両方をそこに生きる人に肯定させ前に進ませる力による。

それは日本にはどうしても無いもので、でも今でもずっと理想の場として、そこで自分の生活を作ることを目指していたのを再び軌道に乗せるべく起動させようと思う。

ただ自分がShotwell Streetの特別なコミュニティの一人だからこそなのかもしれないが、来なければいけなかった街についに来ることができて、また一つかぶれる必要も無くなってきた。

just mingle with it!

 

 

いつも景色は同じようで違う。そしていつもそのループに麻痺をする。

東京に住み続けるのなんて信じられないと、東京に生まれてイギリスのトリッピーな生活を経てもなお生活し続けたのにいつもそう思って、でもそのループにはまり続けている。

でもいつも景色は同じようで違う。アドレナリンが出て、それはそれでいいと思い始める。

だからそろそろ出なければいけないんだと、八ヶ岳でペダルを回し続けていて確信めいた。

それは単にイメージの問題だと。だから動けばそれはイメージではなくなると。

 

 

21世紀にも同じような革命が起こらなければ、また人々の生活を変える革命を起こす人間は生まれ得ないのでは、と彼の死のニュースを読んでいてふと思う。

Apple’s Visionary Redefined Degital Age

彼が「人生でも最も重要な契機の一つだった」と振り返る、ティモシー・リアリーやケン・キージーやメリープランクスターズ、ひいては彼らの「革命」を賛美するわけではない。

それでも、それが生まれた過程、そこにいた人々が生み出したもの、そしてそれが消滅していった後までのそのムードや”テイスト”が人々を駆り立て、今の時代を造っていることに今でも興奮を覚える。

そしてその彼が会社をスタートさせ、既にオーウェルのビック・ブラザーが「SF」と化していた1984年に生まれた自分が、彼らが造った時代をただ生きるに留まっていたことに、彼の死をもってやっと今ここで危機感を覚えた。

1960年代アメリカ西海岸のカウンターカルチャームーブメントの中から生まれた、21世紀初頭のデジタルモダンライフの革命者を享受した自分達が、その次の時代を造っていくという、当たり前のかもしれないが久しぶりに熱を帯びた思考と行動。

RIP Jobs